2007年06月16日

さよなら絶景の宿 六甲オリエンタルホテル営業終了

 神戸・六甲山の老舗ホテル「六甲オリエンタルホテル」(神戸市灘区)が十五日午前、営業を終え、従業員は最後の宿泊客を見送った。阪神電鉄が保有する名門だったが、合理化のため七十三年の歴史に幕を下ろした。

 一九三四(昭和九)年、阪神が建設し、神戸の旧オリエンタルホテルに貸し出し、営業。阪神間のリゾート地として神戸の夜景を楽しむことができる客室が人気を集めた。建築家の安藤忠雄氏が設計したチャペルの結婚式なども話題を呼んだ。

 しかし九五年の阪神・淡路大震災以降、利用客が減少。昨年十月、阪神と阪急電鉄が統合して阪急阪神ホールディングスが発足し、六甲山には阪急系の六甲山ホテルもあるため、グループ内の事業整理などを理由に閉鎖が決まった。跡地利用は未定という。

 営業最終日のこの日、宿泊していた約三十人が、午前九時ごろから次々にチェックアウトした。家族と泊まった大阪市の会社員藤見明生さん(51)は「親子二代で、毎月のように利用していた。ここから見える景色は最高だったのに、残念」。最後にホテルを出た大阪府茨木市の松田祐さん(34)と妻の美保さん(34)は「六甲山に来るたび、一度は泊まりたいと思っていた。チェックアウトぎりぎりまで庭を散策していた」と名残惜しそうだった。


安藤忠雄の建築 1
安藤 忠雄
安藤忠雄の建築 1
出版社/著者からの内容紹介
建築の原点を求めてあくなき挑戦を続ける ―― 安藤忠雄の住宅
 世界中を飛び回り、欧米や中東で巨大プロジェクトを展開している安藤氏ですが、1969年の事務所設立当初は仕事がなく、空き地を見つけては架空のプロジェクトを勝手に思い描いていたと言います。最初の仕事はわずか25坪の友人の家。また、安藤忠雄の名を世に知らしめたのも、大阪の長屋街区に建つ「住吉の長屋」という小さな住宅でした。独学で建築を学び、相談する師もなく、常に不安がつきまとう中で、小さな住宅であろうと建築の本質に挑み続けてきた姿勢が、今日の安藤忠雄という建築家の核を形成しているのでしょう。本書エッセイの中で、自ら「住宅は私の原点」「最後の仕事は住宅と決めている」と語るように、氏にとって住宅は特別な意味をもっています。
 作品集(全3巻予定)の第1弾を飾る本書は、建築家・安藤忠雄の原点である住宅にスポットをあて、処女作「冨島邸」から最新作「滋賀の住宅」までの選りすぐりの21作品を収録しています。発表当時、その過激さが物議を醸した「住吉の長屋」、ファッションデザイナーのアトリエであり、氏に転機をもたらした「小篠邸」、60度の急斜面という過酷な敷地に建設した「六甲の集合住宅」、狭小敷地で無限の空間を生み出した「4×4の住宅」、そのほか海外の住宅や進行中のプロジェクトを、美しい写真とドローイングで展開しながら紹介していきます。どの作品も極限まで突き詰めようと闘う建築家の姿が浮かび上がってくる力作です。
 「フォートワース現代美術館」「ピノー財団」「ピューリッツァー美術館」など、世界の権威ある美術館のプロジェクトを進める一方で、小さな住宅もつくり続ける安藤氏。その40年近い年月の中で、建築に向き合う自身に対しての厳しさは変わりません。限界に挑み続けるタフさ、逆境を味方につける発想の豊かさ、住み手の期待以上のものを提供しようとする優しさ、研ぎ澄まされた美しい世界観を、ぜひとも本書で堪能していただきたいと思います。
連戦連敗
安藤 忠雄 (単行本 - 2001/9/3)
建築を語る
安藤 忠雄 (単行本 - 1999/6)
ル・コルビュジエの全住宅
東京大学工学部建築学科安藤忠雄研究室 (ペーパーバック - 2001/4)
住宅の射程
磯崎 新、藤森 照信、安藤 忠雄、 伊東 豊雄 (単行本 - 2006/10)
CasaBRUTUS特別編集 安藤忠雄×旅 総集編
マガジンハウス (大型本 - 2006/10/10)
建築家たちの20代
東京大学工学部建築学科安藤忠雄研究室 (単行本(ソフトカバー) - 1999/4)
建築に夢をみた
安藤 忠雄 (単行本 - 2002/4)
光の教会―安藤忠雄の現場
平松 剛 (単行本(ソフトカバー) - 2000/12)
英文版 現代の茶室 - The Contemporary Teahouse
安藤 忠雄; 磯崎 新; 藤森 照信; Arata Isozaki; Tadao Ando、安藤 忠雄、磯崎 新、 藤森 照信 (ハードカバー - 2007/5/10)
安藤忠雄の都市彷徨
安藤 忠雄 (- - 1992/5)
家 1969→96
安藤 忠雄 (単行本 - 1996/7)
ル・コルビュジエの勇気ある住宅
安藤 忠雄 (単行本 - 2004/9/22)
「建築学」の教科書
安藤 忠雄、木下 直之、水津 牧子、 石山 修武 (単行本 - 2003/5)
安藤忠雄―挑発する箱
日本の建築家編集部 (- - 1986/1)
安藤忠雄建築手法
安藤 忠雄 二川 幸夫 (単行本 - 2005/2)
交感スルデザイン
安藤 忠雄 (ハードカバー - 1985/9)
posted by cresc. at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | ホテル業界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

安藤忠雄―挑発する箱
Excerpt: 安藤忠雄―挑発する箱
Weblog: ロドリゲスインテリーン
Tracked: 2009-12-23 23:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。