2007年07月19日

最高級ホテル「セントレジス」2010年開業、御堂筋に建設の積水ハウスホテルに

 世界的なホテルチェーン、米スターウッド・ホテルズ・アンド・リゾート・ワールドワイドは17日、同グループの最高級ホテル「セントレジス」が日本に進出すると発表した。積水ハウスが大阪・御堂筋沿いに計画する高層ビル(地上27階建て、高さ140メートル)に2010年夏をメドに「セントレジスホテル大阪」が開業する。

 大阪に外資系最高級ホテルが進出するのは1997年のザ・リッツ・カールトン大阪以来13年ぶり。

 積水ハウスは10年中の完成を目指して大阪・本町(中央区)の旧イトマン本社ビル跡地に大型複合ビル「積水御堂ビル(仮称)」を建設する。1階が大型ロビーや商業施設、3―10階がオフィスで、ホテルは11―27階に賃貸方式で入居する。総客室数は159室で、レストランや婚礼式場なども設ける。客室面積や宿泊料金などは未定としている。

 スターウッド・グループは9つのホテルブランドを持ち、世界95カ国で850以上のホテルやリゾートを展開。日本では「ウェスティン」や「シェラトン」など3ブランド、14カ所を運営する。セントレジスは最上級ブランドで、北米・カリブを中心に13カ所に進出している。

posted by cresc. at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル業界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48420303
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。