2007年07月19日

都市ホテル、宴会場を増強・婚礼低迷、法人需要に活路

 高級都市ホテルが相次ぎ、宴会施設を増改築する。ホテルオークラ東京(東京・港)は来春、主力宴会場に隣接して中規模宴会場を新設。グランドプリンスホテル新高輪(同)も9月までに宴会用別館を改修し、会議室を増やす。少子高齢化で婚礼需要が伸び悩む半面、企業の業績回復で社内研修や新製品発表会などが増えている。各ホテルは施設増強でこうした大口法人需要を取り込む。

 ホテルオークラ東京は今月下旬にも、「第二平安の間」(仮称、615平方メートル)の新設工事に取りかかる。同ホテルの宴会場で最も広い「平安の間」(1487平方メートル)に隣接する私有地につくり、2つの宴会場を通路でつなぐ。「平安の間」の改装経費も含め、15億円を投じる。

posted by cresc. at 07:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル業界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。