2008年02月05日

「ビートルズ」テーマのホテル、英リバプールにオープン

 伝説のロックバンド、ビートルズ(The Beatles)をテーマにした高級ホテル「ハード・デイズ・ナイト・ホテル(Hard Days Night Hotel)」が、ビートルズ発祥の地として知られる英北東部のリバプール(Liverpool)にオープンした。

 この4つ星ホテルは、初期のビートルズがライブ演奏を行いその名を知らしめていった有名ライヴハウス、キャバーン・クラブ(Cavern Club)に隣接している。客室数は110室。中にはジョンレノン(John Lennon)」と「ポール・マッカートニー(Paul McCartney)」と名付けられた2つの特別仕様のペントハウスなどもあり、「レノン」ルームには、白いグランドピアノが置かれている。

posted by cresc. at 02:21 | Comment(5) | TrackBack(0) | ホテル業界

2008年02月05日

ペニンシュラ、世界8つのホテルで「ウィンターエスケーププラン」を設定

 ザ・ペニンシュラホテルズは3月31日まで、世界8つのホテルで「ウィンターエスケーププラン」を設定している。ザ・ペニンシュラ東京ではアメリカンブレックファースト、無料の無線高速インターネット接続、フィットネスセンターとプールの利用などのほか、ワンランク上の客室へのアップグレード、館内レストラン利用券1万円分(京都つるの家は適用外)、スパ利用券1万円分の3つの特典から選択した1つを利用可能とした。料金は2名1室利用でスーペリアルームが6万4680円から。他にデラックスルーム、デラックスパークビュールーム、エグゼクティブスイートなど全6タイプを設定している。また、香港、ニューヨーク、シカゴ、ビバリーヒルズ、バンコク、北京、マニラでも同様のプランを用意している。

posted by cresc. at 02:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル業界

2007年07月22日

ロワジール厚木、アジアンテイストのリラクゼーションルームをオープン

 ロワジールホテル厚木は11階のスイートルームを改装し、アジアンテイストのリラクゼーションルーム「ザ・シーズンズ」をオープンした。40種のフランス製エッセンシャルオイルの中から、利用客の体調や精神状態に応じて3から4種類をブレンドし、オールハンドでトリートメントを行う「アロマボディ」や「ボディ&フェイシャル」などのアロマテラピーエステを提供。また、アンチエイジングに有効といわれるプラチナ成分を配合したコスメを使用する背中からフェイスラインまでのコース、男性用メニュー、15分からの短時間メニューなど、さまざまなニーズに対応するメニューを用意した。

 オープンを記念し、7月10日から10月31日まで特別キャンペーンを実施する。期間中に初めて利用の場合に限り、ボディゴーマージュやタラソテラピーなど、対象の7コースのうちいずれかを約半額の料金で提供する。

posted by cresc. at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル業界

2007年07月22日

四季リゾーツ、定山渓に直営施設 来月開設 新たに6ホテルと提携

 三菱地所子会社の旅行業、四季リゾーツ(東京)は二十日、札幌・定山渓温泉に道内初の直営施設「四季倶楽部定山渓プライム」を八月一日に開設すると発表した。企業保養所の経営を受託して開設するもので、和室五部屋と温泉大浴場、レストラン付き。

 また、道内の四ホテルと提携し、一年を通じて一泊朝食付き五千二百五十円の宿泊プランを販売している商品について、新たに六ホテルと提携した。阿寒の森ホテル花ゆう香(釧路)、サロマ湖鶴雅リゾート(北見)、北天の丘あばしり湖鶴雅リゾート(網走)、笹井ホテル(十勝管内音更町)、御園ホテル(釧路管内弟子屈町)、マウントビューホテル(上川管内上川町)で、提携客室数はマウントビューホテルは三室から、他の五施設は二室から。予約は七月二十一日から受け付ける。

posted by cresc. at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル業界

2007年07月22日

宮古島マリンターミナル ホテル売却先決まらず

 宮古島市や沖縄振興開発金融公庫、県などが出資する第3セクターの宮古島マリンターミナル(社長・伊志嶺亮宮古島市長)は19日、那覇市内で臨時取締役会を開いた。

 所有するホテルの売却について、今月5日の「ホテル棟譲渡予定先選定委員会」の判断を受け、最終決定する予定だったが、結論を持ち越した。一部取締役から同委員会の人選や評価方法などについて異論があり、決定に至らなかった。

 ホテル売却先をめぐっては県内外の2社が買い取りを希望。5日の委員会では国内大手ホテルチェーン「ルートインジャパン」と優先的に売却交渉することを決めた。

 伊志嶺市長は取締役会終了後、「選定委員会の結果を報告したが、決まらなかった。資料などを提出して次回の取締役会で決めたい」と話した。

次回日程は決まっていない。

posted by cresc. at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル業界
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。