2007年06月20日

NYホテルの宿泊料が急上昇〜二流でも1泊500ドル

 ニューヨーク市では、ホテル需要の高まりと業界の強気な価格設定で、シェラトン、ヒルトン、ラディッソン、マリオットといった準高級ホテルでさえ、ビジネス旅行者を狙って1泊500ドル以上の値段をつけている。ロビーに造花のランを飾るようなコンフォート・インでさえ、最近は1泊429ドルだ。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、2001年の9.11テロで打撃を受けたニューヨークのホテルは、市場の需要を正確に予想して商用旅行者向けに高価格を設定することで損失の回復を目指している。以前はマンハッタン区のホテル1軒が提供する最高価格と最低価格の差は30〜40%だったが、今では300%に開いているという。

 「ウォルドーフの高級さもないのにウォルドーフ価格」と、最近ボストンから出張したケイシー・ディラン氏は言う。ディラン氏が日曜日にマンハッタンのシェラトンに泊まるため、同氏の会社は400ドル以上を支払った。

 スミス・トラベルリサーチによれば、04年から06年にかけて、NY市ではホテル宿泊代が25%以上上昇した。今年の第1四半期だけでも、マンハッタンの平均宿泊料は11.2%上昇した。つまり、3年前と比べて宿泊料金は40%以上上がったことになる。

 07年1〜4月のマンハッタンのホテル占有率は80%で、平均宿泊料は231ドル。これはマイアミの192ドル、ホノルルの166ドルと比べても際立って高い。

 最近、次の日の宿泊をHotels.comで検索したところ、ほとんどのホテルが満室で、ミッドタウンの「アムステルダム・コート・ホテル(3つ星)」に小さな部屋が空いていたが、1泊710ドルだった。タイムズスクエアのハンプトン・インでさえ1泊519ドルだった。

 ニューヨークのマリオット系14ホテルの広報担当者、キャサリーン・ダフィさんによると、電気代や人件費など経費が上がっているので値段を上げる必要があるという。「9.11以前の宿泊料に戻すのは大変だった。この1、2年でようやく大きく値上げできるようになった」と話している。


米国ホテル会計基準
2007/6/8付
(1件のレビュー)
米国ホテル会計基準
内容(「BOOK」データベースより)
本書は、ニューヨーク市ホテル協会が、アメリカホテル協会並びに国際ホスピタリティ会計士協会の協力の下に最新版として大幅な改訂をしたホテル統一会計システム第9版の訳書である。

内容(「MARC」データベースより)
外資系ホテル運営会社が次々と日本の業界に参入してきている中、日本の企業会計にも国際会計基準の導入が急務となっている。国際的に認められているホテル会計基準である「統一会計システム」を解説した翻訳書。
旅館・ホテル経営の再生と実務
単行本 経済法令研究会
基本 ホテル経営教本
単行本(ソフトカバー) 鈴木 博
posted by cresc. at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル業界

2007年06月20日

サミット会場のホテルは経営難=昨年の稼働率43%−独

 ドイツ北部ハイリゲンダムで行われた主要国首脳会議(サミット)の会場となった「ケンピンスキー・グランド・ホテル」が経営難に陥っている。波打ち際の白亜の豪華ホテルはサミット期間中、世界のメディアに取り上げられたが、これが再建のきっかけとなるか−。
 18日発売の独誌シュピーゲルによると、ホテルの昨年の客室稼働率はわずか43%。ここ4年で支配人が既に3回も代わったという。
 同誌によれば、「まずはサミット(頂点)、それから破産?」と報じた地元紙もある。これに対し、現在のホテル支配人は「ばかげている」と一蹴(いっしゅう)し、「所有者とは長期の契約を結んでいる」と主張した。

posted by cresc. at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル業界

2007年06月20日

リーガロイヤルホテル、シングル一般客室を改装

 ロイヤルホテルは大阪市の主力ホテル、「リーガロイヤルホテル」の一般階のシングル客室、361室を改装する。2008年3月に全面完成する予定で、総投資額は6億円。「関西の風景」をテーマに祭りや景勝地などを壁紙に描くデザインとするほか、寝具などの家具や家電製品を更新する。機能性を高めて、単価引き上げにつなげる。

 改装の対象客室は旧館に相当するウエストウイングの6―13階にあるシングル客室361室。工事は2期に分けて進め、第1期(9―11階、141室)は7月3日から順次開業する。同客室の改装は1990年以来となる。

 今宮戎神社(大阪市)の「戎講」など祭り風景や景勝地を壁紙に描き、カーテンや壁紙などの色調に16パターンのバリエーションを持たせる。調度品ではベッドマットレスなど寝具を更新するほか、薄型テレビやズボンプレッサーを標準装備して、ビジネス客などの宿泊需要に応える。客室の正規料金は現在の20―25%増の2万円台となる見込みだ。

posted by cresc. at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル業界

2007年06月19日

ドバイ政府、豪華客船「クイーン・エリザベス2世」購入

 アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国政府の投資会社イスティスマルは18日、豪華客船「クイーン・エリザベス2世号」を英キュナード・ライン社から1億ドル(約123億円)で購入したと表明した。同船はドバイ政府系の開発会社ナヒールがドバイ沖で建設中のヤシの葉の形をした人工島「パーム・ジュメイラ」近くに停泊し、豪華ホテルとして2009年に開業する。

 クイーン・エリザベス2世号は1969年に就航。実施した世界1周は25回、大西洋横断は800回以上に上る。イスティスマルは同船就航時の内装をよみがえらせるため工事を施し、一部を博物館として利用する計画。ペルシャ湾岸随一の観光地に成長したドバイの新たな目玉にする考えだ。

posted by cresc. at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル業界

2007年06月19日

LG電子、ドバイのホテルにデジタル家電1万台供給

LG電子は15日(現地時間)、ドバイの5つ星ホテルであるバヴァリア(Bavaria)ホテルと LCDテレビなどデジタル家電1万台を供給する契約を締結したと17日、明らかにした。

LG電子はバヴァリアホテル2700の客室に 32、37、42インチのLCDテレビ5千台とDVDおよび両扉型冷蔵庫各2500台など1万台を供給することになる。

ドバイの中心部にあるバヴァリアホテルはドイツのバヴァリアインタ−ナショナルグループ系列で、10月に竣工する予定だ。

LG電子は「今回のプロジェクトは世界最高の7つ星ホテルであるバージアルアラブ(Burj Al Arab)ホテルに800台のLCDテレビを供給したのに続き、新たな「ドバイランドマークプロジェクト」と説明している。

posted by cresc. at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル業界
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。