2007年07月19日

ホテル予約はサイトで勝負 宿泊価格競争が激化

 パソコンで宿泊予約ができるインターネットのサイトが急成長し、ホテル同士の料金競争が激しくなっている。神戸市中心部では全国チェーンのホテル進出も重なり「三-五割下がった」と悲鳴をあげるところも。各ホテルは、日替わりで料金を決める専任者の配置や、予約サイト運営会社への手数料がいらない自社ホームページ(HP)強化などに乗り出している。

 手軽さや安さが人を集め、五年ほど前から急速に広まった予約サイト。大手の「楽天トラベル」の場合、前身の「ホテルの窓口」が発足した一九九六年は十三の宿泊施設としか提携していなかったが、現在は約二万二千施設が登録している。宿泊日や料金、希望する設備などできめ細かく検索でき、二〇〇六年度は百七億二千万円を売り上げた。

 予約状況などに応じて料金が変えられ、手数料が旅行代理店に比べ安いなど施設側のメリットもあるが、ネット上で料金を公開するだけに、価格競争も激しくなる。

 神戸メリケンパークオリエンタルホテルは昨年十月、ネット予約の専任マネジャーを置いた。過去の宿泊実績などを基に、収益が出る料金を毎日算出して、ネットに流す。アメリカの航空業界で始まった「レベニュー・マネジメント」と呼ばれる経営手法だ。

 同ホテルではネット予約件数が三年前の約二・五倍に達しており、「片手間でできる状況ではなくなった」と担当者。

 神戸東急インは今年四-六月、自社HPでの予約者に絞った割引キャンペーンを展開。神戸プラザホテルは、予約サイトより安い料金を保証する「最安値宣言」を自社HPに掲げ、ネット利用者を呼び込む。

 景気回復に伴って稼働率が上昇するホテルも多く、高額の宿泊プランが売れる傾向も。各ホテルは「今後は、安さ以外の魅力も訴えたい」としのぎを削っている。

posted by cresc. at 06:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル業界

2007年07月16日

川口のホテル、災害復旧し再建

 中越地震で被災し、営業休止に追い込まれていた川口町の宿泊施設「えちご川口ホテルサンローラ」=同町中山=の再建工事が完了し15日、一般公開された。同ホテルは21日にオープンする。

 川口運動公園内にある同ホテルは1994年に開業。地震当時は「ホテル蒼丘」として営業していたが、地震により基礎や建物全体に大きな被害を受け、いったん解体された。新ホテルは町が約7億1000万円をかけ災害復旧工事で再建した。

 ホテルは温泉施設「川口温泉」に隣接して建設され鉄筋3階建て。客室はすべて洋室の19部屋で、温泉を利用した展望浴場、レストランもある。客室や浴場からは魚野川と信濃川の合流点や河岸段丘を望める。運営は指定管理者の「えちご川口農業振興公社」が行う。

 開業を前にした一般公開では、温泉を訪れた町民らが真新しい豪華な施設を見て回った。同町田麦山の農業、森山満茂さん(76)は「川口にこんなに素晴らしい施設ができてうれしい。町外からお客が来たときに利用したい」と喜んだ。

 町では研修室と客室14室を備える研修棟も同ホテル隣に12月に再建する予定で、合わせて年間4万人の利用を見込んでいる。

posted by cresc. at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル業界

2007年07月15日

ラスベガスのリゾートホテル「ニュー・フロンティア・ホテル・アンド・カジノ」16日に廃業

 1942年に創業し、ラスベガス(Las Vegas)でリゾートホテルとして2番目にオープンしたニュー・フロンティア・ホテル・アンド・カジノ(The New Frontier Hotel & Casino)が16日深夜にその幕を閉じる。

 同ホテル建物と34.5エーカー(約13万9620平方メーター)に及ぶ敷地は、ニューヨーク(New York)の「プラザホテル(Plaza Hotel)」などを所有する不動産投資グループのElad Propertiesが12億ドル超(約1470億円)で買収。

 さらに同社は50億ドル(約6110億円)を投じて同ホテルを解体し、カジノを含む、少なくとも住宅300棟を備えた新たな複合型商業施設の建設計画を発表しており、同施設には他に、3500室からなるホテルや多目的展示場なども併設される予定。また、施設の名前には「プラザ」の文字が輝くという。


るるぶラスベガス ’08
るるぶラスベガス ’08
ラスベガス
「地球の歩き方」編集室 (単行本 - 2006/1)
団塊の楽園
大阪商業大学 博報堂エルダー&カジノ研究会 (単行本 - 2007/2/5)
カッシーノ2! アフリカ・ラスベガス編
浅田 次郎 (単行本 - 2004/4/23)
ラスベガス
(単行本 - 2005/5)
ハッピーラスベガス (ガールズ・トラベラーズ・ファイル)
ハッピーラスベガス取材班 (単行本 - 2005/4)
地球の歩き方 リゾート311 ラスベガス 2004~2005年版
地球の歩き方編集室 (単行本 - 2004/3/13)
ラスベガス・71
Hunter S. Thompson、山形 浩生、ハンター・S. トンプソン、 ラルフ ステッドマン (単行本 - 1999/10)
ラスベガス・カジノホテル―最も新しい挑戦
岡田 和生、スティーブ ウィン、上之 二郎、 Stephen A. Wynn (単行本 - 2003/8)
CASINO japan(カジノジャパン)vol.14 [雑誌]
室伏 哲郎 (雑誌 - 2006/4/30)
Viva!ラスベガスViva!カジノ―勝ちにいくラスベガス
南部 隆行 (単行本(ソフトカバー) - 2000/4)
リービング・ラスベガス
ジョン オブライエン、John O’Brien、 小林 理子 (文庫 - 1996/6)
ラスベガス
ゼンリン道路地図製作部東京編集室 (単行本 - 2000/6)
ロスアンゼルス&ラスベガス〈2005~2006年版〉
「地球の歩き方」編集室 (単行本 - 2004/12)
ラスベガス (2004-05)
(大型本 - 2004/3)
ラスベガスを夢見て
ドナ・コーフマン 本山 ヒロミ (新書 - 2004/11)
ラスベガス―エンターテインメント・シティ
『地球の歩き方』編集室 (単行本 - 1999/5)
posted by cresc. at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | ホテル業界

2007年07月15日

福島駅前に相次ぎホテルオ−プン

福島市のJR福島駅周辺に8月と9月、大手チェーンのホテルが相次いでオープンする。

福島駅東口に建設中の「東横イン福島駅東口」は8月31日、駅西口の「リッチモンドホテル福島駅前」は9月26日にそれぞれ開業する予定となった。

東横イン福島駅東口は東横インとしては市内3棟目で、栄町の「東横イン福島駅東口」北隣に建設した。

11階建てで、客室はシングル、ダブル、ツイン合わせて237室。

宿泊料金はシングルが1泊6090円(税込み)となっている。

リッチモンドホテルは、「ロイネットホテル」を全国展開するアールエヌティホテルズ(本社・東京)が県内で初めて手掛けた。

建築主の「ランドビジネス」がコラッセふくしま南側に建設中の複合施設「ルネッサンスプラザ福島」(10階建て)のテナントとして入る。

客室は204室。

料金はシングル1泊7900円―13000円と高めの設定だ。

posted by cresc. at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル業界

2007年07月15日

「AED」の導入進むも、旅館の反応やや鈍く

 心臓に電気ショックを与えて鼓動を回復させるAED(自動対外式除細動器)の導入が、運輸機関や公共施設などを中心に進んでいる。宿泊業界でも導入する施設が増えつつあるが、まだ少ないのが実情のようだ。「シティホテルやチェーンホテルに比べ、旅館の対応は鈍い」との指摘もある。1台当たり30〜40万円と高く、また使う機会はそう多くないこともあり、必要性を感じていないようだ。しかし、一般企業の中にはAEDをCSR(企業の社会的責任)に活用し、企業イメージ向上や社員の安全確保に努めているところもある。高齢人口が増える中、不測の事態に備えた体制整備は欠かせない。

 AEDの普及に熱心なのがKNTの仙台イベントコンベンション支店。今年3月、日本赤十字社の協力を得て、観光サービス業者を対象に救急時対処セミナーを開き、AEDを用いた心肺蘇生法の実技などを行った。同支店は近旅連東北連合会総会でも同様のセミナーを実施した。

 メーカーと組んで普及に努めており、「AEDを備える宿泊施設が一軒でも増えてくれれば」と吉田秀政課長。中高年の利用が多い観光業界だけに「救急体制の整備にもっと目を向けてほしい」と強調する。

 ホテル安比グランドを運営する岩手ホテル&リゾートは昨年8月からAEDを導入し、現在、ホテルや安比高原スキー場など4カ所に設置している。「導入時に社員教育を行い、以降定期的に講習の機会を設けている」(広報宣伝部)。

 和歌山県の南紀勝浦温泉旅館組合は加盟施設にAED導入を呼びかけ、ほとんどの施設が応じたという。05年、宿泊客が意識を失い死亡する事故があり「AEDがあれば助かったのではないか」と言われたのがきっかけだ。

 天龍寺(京都市)に先月、AEDを搭載した清涼飲料水の自動販売機が登場した。今年の大型連休中、境内の階段で70代の男性が倒れ、救急車のAEDで命をとりとめるというケースがあり、観光客の万一の事態に備えることにした。AEDは自販機の中央部ポケットに収納されており、誰でも扉を開けて使える。

 AEDを備えたこうした自販機は徐々に増えており、福知山市夜久野高原にある「やくの温泉」にも今春設置された。

 心筋梗塞などで心肺停止状態になった人が、何らかの措置を施して蘇生するのは救急車が来るまでの4〜5分といわれる。救急隊員が措置を始めるまでの時間別生存率(1カ月後)は発見から3分以内なら11%、10分以上は4.5%にまで下がるという消防庁のデータもある。

 AEDの国内シェアトップを誇るフクダ電子。現在、ハートスタートFR2と同HS1の2機種を販売している。FR2は音声に加え、ディスプレーに漢字、ひらがな、カタカナで操作指示が表示されるので、周辺が騒がしい場所でも使用できる。HS1は心肺蘇生法のコーチング機能がついている。価格は1台あたり30〜40万円。

 ACLS事業部の杉谷雅史部長はAEDの普及状況を新聞報道に例え、「初期段階は設置に関する報道が多かったが、今ではAEDでの蘇生に関する報道(中期)が中心になっている。将来は使うべき時にAEDがなかった、使えなかったという報道になるだろう」と見る。そうなった場合、企業の社会的責任が問われかねない事態も起きそうだ。

 AEDは公共施設を中心に普及が進み、全国で7万台以上が設置されているといわれる。「宿泊施設についてはシティホテルや全国展開のチェーンホテルで導入されているが、旅館はまだ少ないようだ。高齢者も多く泊まる旅館こそ、もっとAEDに関心を持つべきだ」と杉谷部長はアドバイスする。

posted by cresc. at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル業界
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。